« 2017年8月 | メイン | 2017年10月 »

2017年9月に作成された投稿

2017年9月24日 (日)

佐賀県チャンピオンシップ U-15


8934f504ec45433eb0678c5e280b1f7c

STS サッカーフェスティバル

クラブの優勝チームと中体連の優勝チームの対戦

佐賀県チャンピョンシップ

VALOR 唐津 vs 西有田中学   

クラブに9人の卒業生がお世話になっており
責任と期待をしながら(^^;;
先発に3人、終了のホイッスルの時は7人がピッチに
全得点を決めてハットトリックをしたシュウタロウ
2点目のステップ、小学生の時もやってたプレー

我をだす選手があまりいなく、どちらかと言うとおとなしめの選手が多かった
メンバーはそこそこいるし、真面目にはやっているけど上手く結果に繋がらなかった年代
いつも悔しい思いをしてた印象

TV放送もあるし、多くの人が注目した試合
緊張気味の前半、細かいミスもあり失点してもおかしくない場面もあった。
徐々にペースをつかんでいき、しっかりと勝利


入った頃はよくボロボロ負けてた、それでもクラブの方針である技術を

身につける事をしっかりやり続けた選手達
2年半積み上げた技術、その自信が落ちついてプレーさせてくれる
クラブの指導者達に感謝すると同時に、育成年代の重要性を改めて感じさせられた
クラブの考え方は様々だし勝利を一番に求めるチームもある
まずは選手の未来、プレイヤーズファーストと考えるSOLNINO
サッカーを大好き選手になり、将来に繋がる技術を身につけれるように

頑張ろうSOLNINO

2017年9月19日 (火)

お団子フェスティバル U-7

7388c92c3d324d2995d7383351ea8ea8

お団子フェスティバル

9月  18日  月曜日   三菱グランド

あまり無いUー7の試合
試合を楽しみにしてる子がたくさん(^^)
試合前はかなり元気
けどいざ試合となると
見る事が多い(^^;

せっかく、練習ではやれてるのに
もったいない…
もっと自信を持って
積極的になって欲しいな(^^)

その自信をつけれるよう
練習でみんなで頑張ろう‼


試合を組んでくれた主催者の方々
対戦してくれたチームの方々
ありがとうございました‼
保護者の皆さん暑いなかの
応援ありがとうございました!

子供達の為に

Img_1323

9月 18日 月祝 U-7 U-8

低学年の試合をじっくり観戦。
保護者の応援も多く
それに応えるように子供達も
一所懸命に走り回って頑張っていました!


保護者としては
自分の子供はどうだろうか?
頑張ってるだろうか?
ちゃんとやれてるだろうか?
ぼーっとしてないだろうか?
上手くやれているだろうか?
仲良くやれているだろうか?
失敗はしないだろうか?
勝てるだろうか?
期待や不安が入り混じり
色んな思いの応援だと思います。

子供達は皆んなそれぞれに頑張っていますよね。
始めた時期、成長や体格差、性格の部分で
他の子と比べると他の子が上手く見えたり、
自分の子供が出来てなく感じたりする事もあると思います。

ソルニーニョでは
ジュニアは育成年代と捉えて
まずはサッカーを大好きになる事が1番だと考えています。
それにはボールを上手く扱えるか扱えないかに左右され
上手く扱える事で成功体験が増え
楽しさも多くなります。

ボールが扱えるようになる為には
ボールに沢山触るしかありません。

ここが一番難しいとこですよね。
なかなかやらない、続ける事が出来ない
そんなパターンが多いんだとは思います。

子供ですからね。

でも、
そこは飛び越えることはできない部分
スタッフも保護者も忍耐強く
あの手この手でやるしかありません。

やらなくても怒る必要はなく
保護者がやってるのではなく
サッカーをやってるのは子供達。
その子にとって今のタイミングではないだけだと思います。

1年先か3年5年先かはわかりません。
本当にその子が自分で上手くなりたいと思い、
勝ちたいなどの欲が出た時にやると思います。
もちろんこちらからのアクションは続けます。
やれない理由には、
性格の部分や動ける体かどうかもあるでしょう。
指導する側も常に考えて、やろう!と思わせる指導が必要だと思います。

性格はなかなか変える事はできません。
動ける体にするには
小さい頃から色んな動きをやっていくしかなく、
それが動ける体に繋がっていくと言われています。

これはサッカーだけではなく、
他のスポーツでも
体を動かす経験が多く必要だと言う事です。

うちの子、
試合の時にボールに向かって行かない、
ぼーっと見てるなと思ってる保護者の方。

性格の部分が大きいとは思いますが
ボールは一つしかないので、
ボールが来たら動くけど
他の子がやっていると、すぐに譲ったり
ましてはガンガンいく子供がいたら余計にですよね。

そんな時は
コーチの声かけや問いかけ
その子が動く環境を作ったり
保護者の方のフォローも大切になります。

やれた部分をいっぱい褒めるなど
失敗して成功しての経験を重ねて
自信が出てくればやれるようになります。
そうすれば次に繋がっていきます。

うちの子、
元気いいし、よく動いてるけど
上手くやれないなと思ってる保護者の方。

体はよく動くんですよね。
でもボールと仲良くなれておらず
上手くやれないんです。
ボールと仲良くなればやれます。

まずは自分とボールの関係から
自分とボールと相手、
自分とボールと相手とスペース、
自分とボールと相手と味方となります。
ボールも見る、相手も見る、スペースも見て
ボールを足で扱うんですからね。
難しいスポーツだと思います。

それと、
試合中を考えると
自分のところにボールがない時がほとんどで、
観る時間と考える時間となります。
サッカーで言うオフの状態です。

観てるけど何にも考えてないのと、
次の動きがとれなかったり、遅れたりします。
観て考えて(判断)行動する事の繰り返しになります。
ここもボールと仲良くなる事と同じくらい大切だとは思います。
成長するにつれてやれてくる部分なのかなとも思いますが。

自分が勝ちたいと思って自然に動く子も多くいます。
やれる時とやれない時があったりもします。

普段の環境も関わりがあるのではないかと思います。

言われてからやらされているのではなく
言われたことだけをやるのではなく
自分から考えて行動する習慣。

自分の意思を人に伝える事ができる
コミニュケーションの習慣。
自主性やコミニュケーションは大事な要素です。

うちの子、
体が小さいからねと思われている保護者の方。

大きくなるのが早いか遅いかだけの話ですよね。
最近までその部分は仕方ないと思ってましたが、
フィジカルで負けてしまう。
けど、
その事を言ってると、
言い訳に繋がるしその子の可能性を
引き出せない可能性がある事に気付きました。

小さくても判断のスピード、
ボールを持ってのプレースピードを上げる事で
対応出来る選手になるように考えて指導していければと思っています。
簡単な事ではないですが。

チームも指導者も過去から学ぶ事はあっても
過去に浸る暇などはなく
常に新しい情報を入れ未来を見て
目の前の子供達と真剣に向き合い
進んで成長していければと思います。


思った事を書いてみました(^^)

2017年9月18日 (月)

お団子フェスティバル U-8

B3de759dc00643cb974242c11203496a

U-8 おだんごフェスティバル 

9月  18日  月   今宿三菱グランド

2チーム参加でみんなフル出場、しっかりやらせてもらいました。
夏休みの間から頑張ってきた子供は少しずつ変化をみせてます。
頑張れなかった人はそれなり。
少しずつだけど全体的に良くなってきている。
ボールを扱える子供も増えてきた。

まだまだの部分は多いけどやれる事をしっかりやっていこう。

人任せにしてない?
すぐにあきらめてない?
人のせいにしてない?

思い当たる人、これからまだまだチャンスはいっぱいある、頑張れる自分になれるように、チームみんなの事も考えられるようにかわっていこう。

今宿サッカークラブの関係者の皆様、また、対戦していただいたチームの皆様ありがとうございました。

暑い中、応援に来ていただいた保護者の皆様ありがとうございました。
お疲れ様でした。
今日は沢山誉めてあげてください。

by  平田コーチ

U-10 地区リーグ スタート

Img_1334

U-10 北部地区U-10リーグ戦
9月16日(土) 多久陸上競技場


前回は雨で延期となり
ようやく始まったU-10リーグ戦

選手たちにとっては初めての公式戦
そして来年の学童にも繋がる大事なリーグ戦
いつもは勝敗よりも何をやるかが大切だが
リーグ戦は結果も意識しないといけない
だからといって勝ちたいという想いだけで
適当にやっても何にもならない
難しいところ

この日は試合中雨はあがっていたものの
前日からの雨でグランドコンディションは×

ドリブルをしようとしても
グランドコンディションが悪く
ボールが足元に入って上手く運べない
スピードも上げられない
上手くかわしても大きい相手に追いつかれる
だからといってパスを出してもボールが止まる
見方につながらない
こんなときにこそいつも以上に考えてプレーしないと

晴れていたら違う展開にはなってたんだろうけど
条件は相手も同じ
こんなコンディションでもサッカーはある
そんなときにどういうプレーをするか
どういうサッカーをやるか
少しずつ勉強していかないとね

結果としては1勝1敗
1試合目より2試合目の方が
ドリブルが出来るようになってたし
スペースを狙ったり良い展開も少し出ていました
これから定期的に行われるU-10リーグ戦
しっかりと戦っていこう

対戦チームの皆様
ありがとうございました

送迎、応援してくださった保護者の方
ありがとうございました

保護者の皆様
正直まだまだな所が多い選手たちです
ですが
変わりつつある選手も出始めてきて
選手たちは頑張っています
これからもサポートの程よろしくお願いします
また
試合も増えてきます
ご理解とご協力も加えてよろしくお願いします

by  古田コーチ

みゆきフェスティバル U-11

B1ae85a980a74041aead413e330a0d64

みゆきフェスティバル 9月18日(月)
嬉野総合運動公園

前日が台風の影響で中止になった為、
1日だけの参加。
2チーム4試合ずつたっぷりやらせてもらいました!

BチームとCチームに分けて、
チーム内の競走にも期待。

テーマにしている
体の向き、トラップの方向、
周りを見る事での判断力。

できる1人、できない人
やろうとする人、しない人
考えてる人、本能のままやる人

学童での悔しさを忘れたのか、
そもそも悔しくなかったのか、
全員の意識が低すぎ。

ただ試合に来て、
勝った、負けた、や
点を入れた、入らなかった、
ではなく、
そのプレーの『質』を求めて欲しい。
どういう所がよかったのか、
悪かったのか、
選手1人1人振り返って欲しいものです。

今のままじゃ、上は目指せない。
そう痛感した1日でした。

TRM主催者様及びその関係者様
対戦チームの方々、
応援頂いた保護者様、
ありがとうございました。

by 中村コーチ

2017年9月15日 (金)

しのまんカップ U-10

Img_1204

U-10 しのまんCUP
9月9(土)10日(日) グローバルアリーナ


TRMを含めて2日間で9試合
たっぷりとやってきました

今回はボールを持っていないときの動き
これを選手たちには意識してもらいました
それなりに出来ている選手
やろうとしている選手
なかなかやれない選手とそれぞれ
ボールをただ見ているだけでは何も出来ません
スペースを見つける、動く、パスをもらう
ボールを奪われたときのために相手がどこにいるか見て、ポジショニングをとる
など
頭を働かさないとね

自分たちと同じくらいの相手とやるときに
ドリブルばかりやろうとする
かわせるのはわかるんだけど…
悪いことではないんだけど…
そんな相手とやるときにこそ
自分勝手なプレーではなく
顔を上げて、周りが頭を使って動く
自分たちが変わるきっかけにしてほしいです

今はまだまだ難しいけど、継続してやっていこう

大会関係者の皆様、対戦していたチームの皆様
ありがとうございました

by  古田コーチ

2017年9月10日 (日)

しのまんカップ U-12

2bcbfefa3ae64807b7e4b68952304e39

しのまんカップ U-12
9月 9日、10日 グローバルアリーナ

メンバーが揃わないU-12に変わってU-11での参加
消極的なプレーが多く、
チャレンジがほとんどなく終わった2試合。
自分達でこのままでは終わりたくないと思って
みんなで頑張ろうと相手に挑んだ3試合目
それでも勝ちには繋がらなかった1日目
判断、コントロール、ボール持ち方、パス
余裕がなく相手の強度があがると出来ない。
もっとボールを触る
練習から意識をもってやること
練習が練習で終わってしまってる
試合の状況でやらないと!
変化を期待して
bandに試合ビデオ2試合をあげます
自分のプレーを観て今の自分を知ろう。

2日目
U-11での参加。
4位グループの優勝を目指す!

初戦、プレスか弱い相手。
パスも回るし、顔も上がる。
しかし、ミスが多い!

そのミスをいかに少なくできるか、
これも課題の1つ。

2戦目
ややプレスが早いチーム。
追い込まれてボールを取られる。
狙われてるのに、パスを出してしまう。
ゴールキックから、奪われて失点。
少しプレスがきつくなると、顔が上がらない、、。

最終戦、
またまた、狙われてる所にパスを出す。
そして失点、、

周りの人が情報を与えなきゃ。
マークがべったりなのに、
『くれ!』って?

状況判断!
予測のプレー
課題は沢山、、。

今日のMVP
もっともっと頑張って欲しい気持ちを込めてあげました。

また頑張ろうね(^-^)

大会運営の方々、対戦チームの方々
応援、差し入れ頂いた保護者様
本当にありがとうございました!

by  中村コーチ

2017年9月 5日 (火)

さがくまカップ U-8 U-9

C3e26b8312bd496f8907d352aaed79a0

9/3 さがくまカップ
U- 9
U- 8から2人あげて挑んだ試合。
テーマは先週と同じ。
練習からしっかりやってる子は出来る、そうでない子は、自分勝手とハッキリしていた。
でも、頑張ればやれる子もいる。
あとは、本人次第。
どうなりたいか、どうしたいかは自分の頑張り次第。

おとなしめな学年、一声が大きな助けになる事、それを全体で出来ればもっとよくなる。

意識をもってやっていこう。


U- 8
前後半を半分に分けて
やってみた。
まだまだお団子だけど、
必死さは感じられる。
でも、雑さが目立つ。
もっと上手く扱えるように練習からやり直そう。
毎回恒例の喧嘩もありのこの学年、個々それぞれの特長があり面白い。
スイッチ探しに苦労してます。

今回、リフティング大会があり、U- 7が1位2位、U- 8も1位2位、ソルニ3冠がかかったU- 9は惜しくも2位だったけど、皆よく頑張りました。

大会関係者の皆様、対戦していただいたチームの皆様ありがとうございました。

また、朝早くから応援、設営していただいた保護者の皆様ありがとうございました。
皆で撮った写真、いい感じです(^-^)

毛利杯 U-10

Img_0983

U-10 毛利杯
9月3日(日) 山口 きらら博記念公園


広い会場でたくさんのチームが参加の大会に
U-11と一緒に参加しました

夏休みが終わり最初の試合
この夏の頑張りを試せる場
4試合で選手たちのいろんなプレーを
見ることが出来ました

ドリブルでチャレンジすること
これは全員に共通して見ることができました
もちろん
なかなか顔が上がらない
ボールが足につかない
狭い所に突っ込んで行く
相手にぶつかる
簡単に奪われる など
上手くいかないことの方がたくさん
それでも
これまでやれていなかった選手が
夏休みに入って少しずつ考えてやろうとしていたり
たくさんの変化が見えました
良い傾向だと思います
これを継続していこう
そしてもっと練習して
余裕を持ってやれるようになろう

ある程度ドリブルでかわせている選手には
ボールを離すこと、周りを使うことを
少しずつ求め始めています
相手にボールをぶつける
ボールが弱い など
こちらも上手くいかないことがたくさんですが
試合中に何度も良い展開があったり
上手く裏をとれたりといったプレーがありました
そんなプレーを少しずつ増やしていこう

今週末も試合が入っています
そこでどんなプレーが見れるか楽しみです

対戦チームの皆様
ありがとうございました

by  古田コーチ

  

U-11の選手、最後のU-10の試合を見ていたので

どうやった?聞いてみた(^^)

予想通りに皆んなが笑って、ぐじゃぐじゃと返ってきた。

確かにぐじゃぐじゃな試合でまだまだな部分も多い(^_^;)

それでも、ボールと自分の関係がよくなっている選手も出てきて

自分とボールと相手、自分とボールと相手と味方と広がっていくんだと思う

リーグ戦は始まるけど、自分達のペースでしっかりやって行こう(^^)

チームキーホルダー

カウンター

Powered by Six Apart
Member since 01/2010

Football Club

公式フェイスブック

頼れる質屋さん。

Sports Manager

ジュニアサッカーの保護者向けサイト

サガン鳥栖

Legends of the World

  • 堺市の税理士事務所