2016年10月17日 (月)

Futsal U-11 TRM

フットサルTRM U-11
10月16日 レベルファイブスタジアム

楽しいフットサルの時間
毎年通っている場所
フットサルに取り組んでいる素晴らしいチーム
そんな環境にこの学年では初めての経験

フットサルに少しずつ取り組んでいるU-11
1対1が弱い、マークを外す、決断が遅い、足裏のコントロールで動かせない
それぞれに課題はたくさん
なかなか上手くいかない
そんな想いはコーチも同じ^^;
でも、ファーポストに入ること、キックインの動きだし
普段からの成果も少し観えた
目標はフットサルを楽しめるようになること
狭い中での決断の連続、相手との駆け引き
それを楽しむ
その中で学んだことがサッカーにも通じるように
まだまだ時間はたくさん
フットサルの時間も増やしていこう
また火曜日の練習から(^^)

今宿SC、板付WING、東月隈の方々ありがとうございました。またよろしくお願いします。

by 勇太コーチ

2016年4月30日 (土)

変化を期待

TRM フットサル
5/30 志摩体育館

1ヶ月ぶりの体育館での
フットサルの試合
狭いコート
公式戦モードのチーム
早いプレッシャー
やれない事が多かった^^;
技術のなさが出てしまう(-_-)
ボールを出して動くことが出来ない
スペースを使えない
コミニュケーションの声が足らない
課題は多い
個々の課題も変わらない人が多い
変わるために
本気になれるか?
意識を変えれるか?
頑張れ!

送迎のご協力、
ありがとうございました。

2016年4月11日 (月)

ゼビオカップ フットサル

XEBIO CUP フットサル
4月10日 foot-i 武雄

数少ないフットサルの大会
2チームでの参加
楽しく良い経験が出来ました(^^)

負けたくない気持ち
上を目指しい思いを
声を出し、汗をかき
プレーに表現する選手達
それでも上手くいかない
その想いを
普段からの意識に
変えていけば
次に繋がる(^^)
頑張れ

主催のXEBIOの皆様
運営のリバイバルの皆様
対戦チームの皆様
お世話になりました

2015年9月21日 (月)

スプラージリーグ前期終了

スプラージリーグ最終戦
9月18日 スプラージ伊都

フットサルリーグ
スプラージリーグの前期が終了しました。
優勝もしてないし最終戦も負けたのに
↑笑顔??
楽しんでやっていることがよくわかる(^^)
バーモントカップがメインのフットサル
年間を通してフットサルの試合ができることは有難い。10月から後期リーグ U-12とU-11リーグがスタートする。
フットサルの経験を少しずつでもサッカーに活かせるよにしていこう(^^)

対戦して頂いたチームの皆様
スプラージ伊都の皆様
ありがとうございました。
後期もよろしくお願いします(^^)
送迎の手伝いをして頂いた
保護者の皆様
ありがとうございました(^^)

ベスト5にあきらが選ばれた。
毎年フットサルで成長を感じさせる選手がいる。

2015年8月18日 (火)

一歩

バーモントカップ
第25回全日本少年フットサル大会 決勝大会
2015年 8月14日(金)〜8月16日(日)
駒沢体育館、大田区総合体育館


フットサル全国大会
ベスト16という結果でした。
ソルニーニョの代表として
佐賀県の代表として
必死に戦ってくれたと思います
負けてピッチに泣き崩れた選手、ベンチで涙を流した選手の姿、それが1人1人のがんばりを表していたと思います

厳しい1次ラウンド
苦しい試合、耐えて、少ないチャンスをものにする
強豪相手に勝利、引き分け

決勝トーナメント ラウンド16
1次ラウンドとは逆の展開
攻めて攻めて、点が入らない
勝ち切れなかった

全国の舞台ですべてが通用した訳じゃない、1人1人の能力の差も感じた
でもやってきたこと、求めたもの、やれたことは多かった

選手1人1人が経験したもの感じたもの、僕らスタッフが感じたもの
得たものはたくさんあった全国大会でした

大会前の準備からサポートをしていただいた保護者、スタッフの方々
タオルや物品を購入していただいた方々
練習試合をしていただいた数多くのチームの方々
そして17人の選手
すべての方に感謝しています

選手らと共に貴重な経験ができました
選手のみんなは今回の経験をサッカーにも繋げてもらえればと思います

応援ありがとうございました

by 勇太コーチ

訂正とお詫び
佐賀県勢初のベスト16という結果でした。と書いていましたが、2001年にヴァレンティアU-12 さんが、ベスト8になっています。
軽率に誤った事を書き申し訳ございませんでした。
ヴァレンティアさん失礼しました。


目標としてた
”最終日まで試合をする”
ということは出来ませんでした。

しかし、予選を突破して決勝ラウンドというステージに進めたことは
選手・チームにとって大きな経験となりました。

勝負は時の運。
初戦の前半に緊張で動けず
相手のペースで攻め込まれた時
ポストに助けられたり
キャプテンのファインセーブがなければ
3連敗で終わる大会になってたかもしれません。

サッカーも含めて4回目の全国大会。
初めて決勝ラウンドに進めたという結果は
5月に全国大会が決まって入念に準備が出来たことも大きいと思います。
福岡・長崎・大分・山口・唐津で沢山のチームにお世話になり
チームをしっかりと作っていけた事。
チーム内の競争が出来た事。
その積み重ねが上手く結果に繋がったのだと思います。

最後まで悩み考え
粘り強く指導したスタッフ
保護者の方々のサポートがなくてはできなかった事です。

今回の出場に際して
選手・チームに関わる多くの方々の
ご支援・ご協力、沢山の応援を頂きました。
心より感謝申し上げます。
この経験を次に繋げ
ソルニーニョニらしく積み重ね
楽しく頑張っていきます。

これからもどうぞよろしくお願いします(^^)

2015年8月15日 (土)

バーモントカップ 2日目結果

決勝トーナメント

1回戦 ベスト16

対 黒沢尻東 (岩手県)

3-5 (1-2)

ベスト16 敗退

沢山の応援、ありがとうございましたm(_ _)m

2015年8月14日 (金)

バーモントカップ 1日目結果

バーモントカップ
第25回全日本少年フットサル大会

予選リーグ結果
8/14
1試合目 2-0(0-0)
対 沼田北辰サッカースボーツ少年団
(山形代表)

2試合目 4-3(2-2)
対 鷗州広島エフ・ドゥ ジュニア
(広島県)

明日 8/15 マルバ茨城と決勝トーナメント進出をかけて戦います。

8/15
3試合目 12:30〜 大田区総合体育館
対 マルバ茨城(茨城県)

応援ありがとうございました。
明日もよろしくお願いします。

2015年8月13日 (木)

頑張れ! SOLNINO


YouTube: 頑張れ SOLNINO 2015夏(バーモントカップ)

頑張ってきた自分

応援してくれてる沢山の人

一戦一戦 

精一杯 戦おう

応援宜しくお願いします

第25回バーモントカップ 全日本少年フットサル大会

(8月14日〜16日 東京都 大田区総合体育館、駒沢体育館)

【大会概要】 →→  第25回バーモントカップ 全日本少年フットサル大会

【組合わせ】 →→ 組み合わせ

【1次ラウンド日程】 大田区総合体育館

 <第1戦> 8月14日(金) 14:30 

      沼田北辰サッカースポーツ少年団 (山形県)

 <第2戦> 8月14日(金) 19:00

      鷗州広島エフ・ドゥジュニア (広島県)

 <第3戦> 8月15日(土) 12:30 

      マルバ茨城 fc U-12 (茨城県)

Photo

Photo_2

2

Photo_3

第25回バーモントカップ 全日本少年フットサル大会

2015年8月10日 (月)

最終調整

8/8(土)8/9(日)
TRM 文化体育館

全国大会前最後のTRM
2日間、計4チームに相手をしてもらった。

1日目の1試合目
ベンチがある、タイマーがある
本番に似た雰囲気、それだけで緊張する、足がとまる
全国大会の1試合でそうならないために、試合前の準備が大切だと分かったはず

今の自分達にできること、できないこと、最後の確認ができた

今から何かを劇的に変えることはできない、あとはいい準備をするだけ
やれることはやった

全国大会
ベンチに入る者、入らない者
それぞれが一つになって戦おう

by 勇太コーチ

感謝・感謝
2日間
次に繋がる試合ができました
参加して頂いたチームの皆様
ほんとうに
ありがとうございました
・東月隈(福岡)
・雲仙エスティオール(長崎県)
・リノスフットサルクラブ(大分県)
・Verslien(長崎県)

会場の準備・片付のご協力をして頂いた
保護者皆様
ありがとうございました

壮行試合・壮行会
来て頂いた
ソルニの子供達
ソルニーニョ保護者の皆様
ありがとうございました

沢山の方に
様々なごご支援・協力を頂き
やれる事は全てやって
全国の厳しい試合に挑むことができます
あと数日
コンディションを整えて
頑張っていきましょう
引き続き
よろしくお願いします


2015年8月 3日 (月)

県代表

8/1,2(土,日) フットサル大分遠征

1日目は大分代表カティオーラさんと
2日目は九州5県の代表が集結した

大分県 カティオーラ
福岡県 千代
長崎県 雲仙エスティオール
熊本県 エスペランサ熊本
佐賀県 SOLNINO

いろいろなタイプのチームとの対戦で試せたこと、得たもの、希望、不安
収穫の多い2日間だったと思う

どんな相手と対戦しても、やれることは増えてる
ただそこに結果を求めるためには
最後のツメ、ゴール前の気持ち、
まだまだ甘い

この何週間か
チーム内での競争のことを言ってる
今回は今のコーチの考えも伝えた
この遠征で
1日目最初の試合の5人と
2日目最後の試合の5人は変わらなかった、残りの期間で変えられるか
2日間、今まで以上のプレーを見せてくれた選手がいた。まだまだ波はあるけど右のサイドで一番いいプレーをしてる

来週は最後の調整、いい準備をしよう

by 勇太コーチ

チームキーホルダー

カウンター

Powered by Six Apart
Member since 01/2010

Football Club

公式フェイスブック

頼れる質屋さん。

Sports Manager

ジュニアサッカーの保護者向けサイト

サガン鳥栖

Legends of the World

  • 堺市の税理士事務所